--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10.02

京都へ行こう~4

Category: おでかけ旅

上賀茂神社前から
46番の市バスに乗って
今宮神社前で下車



今宮神社 楼門


740U.jpg
本社
(健康長寿・良縁開運)
本社の他にもたくさん祀られていました


到着したのは夕方5時半近く
平日のこの時間はとても空いていて
参拝者は私の他に2組3人(笑)

社務所で玉の輿お守りが欲しかったのですが
こちらは9時~5時まで・・・
またしてもタイムアップ(残念)


740V.jpg

阿呆賢(あほかし)さん

740W.jpg

古くから「神占石(かみうちいし)」とも言われ
病弱な者はこの石に心を込めて病気平癒を祈り
軽く手で撫で身体の悪いところを摩れば健康の回復を早める。
また「重軽石(おもかるいし)」とも言われ
まず軽く手の平で三度石を打ち持ち上げるとたいそう重くなり
再度願い事を込めて三度手の平で撫でて持ち上げる。
軽くなれば願いが成就すると言い伝えられております
~公式HPより~

740X.jpg

書いてある通りに私も持ってみました
最初は大きさの割に凄く重く感じましたが
次に持った時はそれよりも軽く感じて嬉しかったです


740Y.jpg

玉の輿の語源とも言われる
お玉さん(桂昌院)のレリーフ

740Z.jpg 

「玉の輿守」
徳川五代将軍綱吉公の生母桂昌院は
一説に西陣の八百屋に生まれ
その名を「お玉」と呼ばれたと伝えられます。
三代将軍家光公の側室となって綱吉を生み
その後、将軍の生母として大奥で権勢をふるい
従一位の高位にまで昇り詰めた事から
「玉の輿」の言葉の起源ともいわれています。
桂昌院は故郷を忘れず西陣の興隆につとめ
その氏神である当神社が荒れていると聞くと
今宮神社再興に社領百石を寄進して社殿を修復し
四基の鉾も新たに作られました。
その由来にちなみ感謝を忘れない心暖かな幸せを願うお守です。
~公式HPより~



~つづく~



P.S.ちょっとした事件が起こったので追記で↓



FC2Blog Ranking

banner_21-BR.gif

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

blogram投票ボタン






なんとここで事件が発生しました

この日は暑かったので上は半袖
下は七分丈のパンツと言う格好をしていたのですが
神社を出る頃から何だか足首あたりがムズムズ
その時は気になる所を見ても変化がなく
あまり気にしていなかったのですが・・・

それが翌朝ビックリ
やっぱり蚊に刺されてました
それも左足首付近を3ヵ所
右足首付近を1ヵ所
そして左腕を1ヵ所

鈍いと言わないで下さいね(笑)
きっと参拝中で油断してたんです

そして、その被害の翌日に
叔母宅の庭で水まきをしていたら・・・
首の後ろ、左腕、右足も各1ヵ所ずつ刺されて
なんと2日間で合計8ヵ所も

私は蚊に刺されやすい方ではないし
今夏はぜんぜん刺されなかったんですよ
それなのに9月の関西でまさか蚊に刺されるとは
思ってもみませんでした

刺された跡からして
北海道の蚊と違うように感じたんですよね
刺された箇所の痒みはハンパないし
堅く盛り上がってしかも真っ赤
恥ずかしくて見せられやしない・・・

酷かった痒みも今はほとんど収まってきましたが
初めはあまりの痒さに爪を立てたことも・・・
現在は治りかけですが
しばらくは跡が残ってしまうのではと気になってます


トラックバックURL
http://chistyle.blog18.fc2.com/tb.php/738-96d78778
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。