--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
04.21

マイ・フェバリット・ブック⑦

Category:
一生の幸せにつながる一日の過ごし方 (ゴマ文庫 (G006J))一生の幸せにつながる一日の過ごし方 (ゴマ文庫)
(2007/11/07)
船井 幸雄

詳細を見る


充実した毎日を生きる。
人生はその積み重ね。
船井流”時間を上手に使う7つのコツ”を紹介。


今年75歳になられる成功者、船井幸雄さんの
幸せに生きるコツや、時間をうまく使うコツなど
一日の生活の工夫などが掲載されている書き下ろし。

結論は全て文章の初めにあり、
理解しやすい構成になっていると思います。
わかりやすい文章で、仕事の仕方、生活の方法、
長寿、健康のために心がけていることなどが書かれてあり、
一日の生活の中に取り入れたい考えが多く参考になりました。


「時間に追われ、気がついたら1日が終わっていた・・・」
そんなあなたとわたし(笑)に贈ります


 
ブログランキング参加中
応援クリックお願いします☆


トラックバックURL
http://chistyle.blog18.fc2.com/tb.php/90-7daf2212
トラックバック
コメント
家に何冊かこの方の本あります。
私は読んだことないのですが(^^;)
旦那が好きみたいです。

時間って上手に使うの結構むずかしいですよね。
maekumidot 2008.04.22 13:44 | 編集
充実した一日を過ごしていると、一日はあっという間に過ぎてしまいますよね♪
忙しくて切れ間のない時もそうなんですけど…(>_<)

さあ、何をしようかなんて日や時間が過ぎるのが異常に遅いのを感じる日はあまり良い日じゃ無かったりしますよね。
自由な時間には限りがありますから、有効に使わなくては!っていつも思いますね。
dot 2008.04.22 19:28 | 編集
面白そうですね!
実際に人生で成功した方が書いたところが魅力です^^。
確かに人生といえども、日々の積み重ねですものね。
一日をどう輝かせていくか、それで人生が変わっていくのですね!
Megidot 2008.04.22 20:53 | 編集
とっても面白そうな本ですね~♪
「時間に追われ、気がついたら1日が終わっていた・・・」
まさに私です・・・σ(o^_^o)
忙しさにかまけて 
ついついもったいない時間を過ごしてるんですよね~><
同じ時間の長さなら 充実した時間を過ごしたいですね♪
ふわりdot 2008.04.22 22:18 | 編集
集中してると一日ってすぐですよね。
あっという間です。
jandot 2008.04.23 01:45 | 編集
>「時間に追われ、気がついたら1日が終わっていた・・・」

本を読むか、ブログ巡回にするか?^_^;
幸せ運ぶ指導員、室長 ちかさま♪
なんとか、してください。(笑
 
ガウス@dot 2008.04.23 02:41 | 編集
v-22maekumiさん
旦那さまが持ってらっしゃるんですねi-185
読みやすいと思います。

ホント、時間を上手に使うのは難しいですねv-390
平日なんて特にそうi-202
会社から帰って寝るまでの時間はあっと言う間・・・
1日24時間では足りないですv-388
ちかdot 2008.04.23 12:56 | 編集
v-22誠さん
忙しくても、時間に余裕のある時でも、
1日はあっという間に終わってしまう感じがしますi-230
そのためには自分で工夫するしかないんでしょうけど・・・
少しでも無駄なく過ごしたいものですね♪
ちかdot 2008.04.23 13:01 | 編集
v-22Megiさん
結果を残している、ある程度の年齢の方が書かれた本♪
押し付けがましくなく、とてもわかりやすいので
この方の作品をもっと読んでみたいと思いました(^^)
ちかdot 2008.04.23 22:57 | 編集
v-22ふわりさん
どんな人でも平等に1日は24時間。
1日1日の積み重ねを大切に過ごしたいですね♪

ちかdot 2008.04.23 23:06 | 編集
v-22janさん
ホント1日はあっとう言う間ですね(^_^;)
ちょっとの工夫次第で少しは上手に使えるのかな・・・
ちかdot 2008.04.23 23:12 | 編集
v-22ガウス@さん
>本を読むか、ブログ巡回にするか?
確かに迷うところですね(^_^;)
幸せ運ぶ指導員、室長の私は部長に聞いてきまi-204す(笑)
ちかdot 2008.04.23 23:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。